難しくない!シーズーのしつけを成功させるために大切なこと

 

シーズーのしつけが難しいと考える飼い主さんは少なくありません。

 

特にトイレのしつけには苦戦する方が多いのではないでしょうか。

 

人間にとってトイレはただの排泄行為ですが、犬や猫にとって排便や排尿は自分の臭いを残す意味合いを持っています。

 

また、それはリラックスするために重要な行動の一つでもあります。

 

いっぽう、所かまわずトイレをする場合、ワンちゃんが緊張していたり環境に怖がっていたりする可能性が考えられます。

 

 

 

具体的なしつけ方としては、トイレの場所をしっかり認識させるという方法です。

 

トイレをするタイミングを見計らって、トイレトレーなどが敷き詰めてあるケージの中に誘導するという方法を続けていくと、その場所でトイレをするようになるでしょう。

 

 

 

他にも噛み癖を直したい、吠えないようにしつけたいと思うことがあるかもしれません。

 

シーズーのしつけを成功させるために大切なのは、子犬の頃にしつけを始めることです。

 

成長して成犬になったときの方が頭は良いのですが、自立心が育つため新たにしつけを覚えさせるのが難しくなってしまいます。

 

シーズーは素直な性格で、成犬になってからでもしつけが成功することは多いですが、子犬の頃に始める方が難易度が低いといえます。

 

 

 

もし言うことを聞かなかったとしても、強く怒鳴るなどして怖がらせないようにすることが大切です。

 

一時は確かに言うことを聞くようにはなるかもしれませんが、飼い主のいない場所では行儀が悪いワンちゃんに育ってしまう可能性があります。

 

しつけの最中は腹が立っても強く怒ったりせず、できるようになるまで根気強く導いてあげるのがおすすめです。

 

TOPへ